◆ 工事歩掛表

ケミカルアンカー工事歩掛について

一般的には「一定の作業に要する1人当たりの労力を数値化したもの」ということになり、公共工事では会計検査との絡みもあり、重要な指標の一つになっています。

ケミカルアンカーでは「アンカー1本を施工するのにどれ位の時間がかかるのか」と置き換えた方が分かり易いのかも知れません。いずれにしても歩掛は整合性をもって、作業者数や1本あたりの施工費が算出できて施工管理に資するものでなければなりません。

当社の歩掛は15年以上も上梓されていますが、より的確に数値化された歩掛を未だ目にしたことはありません。

歩掛表の利用に際して

歩掛は基本的に平準での数値を想定していますので、使用される場合には作業環境などを十分に勘案して柔軟にご利用願います。歩掛表では乾式、湿式とも穿孔長10dのものを表示しましたが、25dまで用意できますので必要であればご連絡ください。

★ 異形筋工事の歩掛表

異形筋工事歩掛表

★ 全ネジ工事の歩掛表

全ネジ工事歩掛表