耐震グラウト工事

耐震工事には数多くのケミカルアンカーが使用されていますが、必ずと言っていいほど次工程でグラウト工事が控えています。あたかもセット工事であるかのようです。

写真提供 株式会社SHOWA 横浜市 TEL 045-973-4408

工事のポイント

工事は契約が確定しても業者任せでで良いということではありません。発注者の注意と努力はいつでも必要なものです。

  1. グラウト注入の日数をできるだけ詰めるようにしてください、注入は4~5名のチームで行いますから、3日で済むのと4日掛かるのでは大変な差が生じます。同時に機械損料、公的機関試験の回数も少なくて済むということになります。
  2. 段取りが悪いために、注入回数が増えたりすると価格上昇の要因にもなり、追加工事の対象にもなりかねませんから、注意が肝要となります。