適正価格大全集の意義

「少しでもユーザーのお役に立てないか」との思いから編集しました。実行予算作成、工程表作成、見積書作成などにおいて価格の根拠になるものがあれば、お役立間違いなしと思ったからです。

  • 「適正価格」を基準にしていますので、オフィシャルの代用にはなると思います。基準は通常取引されている実勢価格になります。しかも価格は何処までも歩掛を基準に算出しています。
  • 価格の構成要素は全てロジック化され、とことん「見える化」を実践しています。歩掛は単品ごとに表示
  • ボルトの価格は、日経の商品市況相場と連動していますので、常に新鮮な価格を表示しています。
  • 工法は、乾式工法(ハンマードリル)、湿式工法(ダイヤモンドコア)を用意しています。

表示項目

適正価格大全集に表示されている項目です。

ボルトの価格日経商品市況と連動
接着剤の価格カプセルはエヌパット製、カートリッジはフィッシャー製
労務費(アンカー工の労務費) × 歩掛
法定福利費アンカー工、基礎工賃の16%
歩掛単品毎に表示
積算価格実勢価格の概ね250%
実勢価格通常取引されている価格(材工)
適正価格(材工)スケールメリット制を採用で数量の多寡により変動
施工者数本数 × 歩掛